私が格安SIMを使用し始めたのは、2011年のことでした。

その当時、私はガラケーを使っていましたが、周りがどんどんスマホに切り替えていくようになり、私もスマホを使ってみたいと思うようになりました。

そこで、料金を調べてみてびっくり仰天。

ガラケーですら月に5,000円以上かかるのに、スマホにするとさらに何千円もかかってしまうのです。

貧乏学生だった私はどうにかして安く使う方法はないかと探し、格安SIMであるB-mobileに出会いました。

その当時は月に250MBの割り当てで1,000円程度と聞き、すぐに飛びつきました。

250MBとは現在では考えられないくらい少ない量ですが、もともと動画など見ないため、大した問題ではありません。

ガラケーのプランも見なおした結果、メールが使い放題のプランと併用することで月々の費用を2,000円程度に抑えることに成功しました。

スマホでインターネットを行い、電話とメールをガラケーで行うという2台持ち生活がスタートしたのです。

最初は2台持ちということでガラケーを忘れて連絡がとれなくなったり、スマホを忘れてインターネットができなくなったりと苦労しましたが、

片方の電池が切れても連絡をとることができるという利点にも気付き、現在では2台ともなければ生活ができなくなったと言っても過言ではありません。

では、ここまでいくら節約することが出来たのか計算してみましょう。

2台持ちを始めてから4年(48ヶ月)が経過していると考え、スマホ代の月額平均(6,342円)との差分を考えると、

なんと208,416円。20万円を超えてしまうのです。これだけあれば海外旅行にだって行けてしまいます。

また、050plusやFusion IP-phone SmartなどのIP電話が登場したり、OCNモバイルONEやMINEOなどメールアドレス付きプランも登場したため、

やり方しだいではもっと安く運用することができるのではないでしょうか。